飲食店にポスレジを導入するステップ

飲食店では最後にお客様より代金をいただきますが、そのときに使う機器がレジです。もう少し丁寧に言いますと、精算レジとか会計レジなどとなりますが、レジとはレジスターを省略したものです。つまりお金を計算する機器のことですが、最近は単にお金を計算するだけではなく顧客の情報を入力することで経営に役立てるレジが登場しています。それがポスレジです。最初に登場したのはかれこれ30年以上前ですが、活用までは至らず使いこなせていないのが実状でした。しかし、近年のITの発展によりポスレジが経営において戦力となるツールになっています。因みにポスレジは、本来はPOSレジでPoints of salesの略です。日本語の意味では「商品を販売時点の情報」となります。単なる計算機器以上の役割を果たしています。

POSレジが飲食店に役に立つ理由

飲食店の最後の業務はレジ締めです。一日の売上げを計算することですが、なにかしらの間違いがなかったかを毎日チェックすることは経営において重要な作業です。一見簡単そうですが、毎日の作業となりますとそれなりの時間を要していることになります。つまり効率が悪いということですが、POSレジはそうした作業を自動で行ってくれます。オーダーエントリーというシステムを利用することで金額さえ打ち込む必要がなくなりますので効率化はさらにアップします。経営において顧客の管理は重要な要因ですが、POSレジはデータを収集したり分析することもできます。また在庫の管理との連携もできますので在庫に関する情報の共有も可能です。さらに過去のデータとの比較もできますので的確な商品のラインナップやメニューの作成に役立たせることができます。

POSレジは自分のお店にあったものを選ぶことが大切です。

便利なPOSレジですが、その機能を最大に生かすには自分のお店に適したものを選ぶことが大切です。例えば、業態や規模などにより役に立つ項目は違うのが普通です。ですから、自分のお店とPOSレジの機能を照らし合わせることが重要です。POSレジは機能が多いですので使い方を考えずに導入していまいますと、最初の目的とは裏腹に非効率になることさえあります。最初に考えるべきは「なんのために導入するか」を整理することです。そして次に大切なことは「誰でも使えること」もしくは「使いやすいこと」です。いくら高機能で便利であっても使いこなせる人が一部の人に限られるのであれば、それは「高機能ではない」ことになります。重要なことは誰でもが簡単に使えるような機種を選ぶことです。さらに今の時代は進歩をしていますので一般のタブレットなどでアプリとして導入することも可能になっています。

飲食店、小売店、サロンなど導入実績3,000台以上! 安定で高機能なPOSレジを簡単スピード導入。 売上分析、商品分析が簡単、リアルタイムでいつでも見られるPOSレジで売上アップ!エクセル出力も可能! 全国無料出張にて体感型デモンストレーション実施中。全国どこへでもお伺い致します。 初期費用ナシのリースプランは月額8,000円から。 ポスレジを飲食店に導入するならイージーポス